先輩インタビュー

遠藤 奈穂

Naho Endo

遠藤 奈穂

主任

2012年入社

入社理由

女性として働き続けられる会社を探していた

私は就職活動をする上で「女性として長く働き続けたい」、「仕事だけではない自分の人生を大切にしていきたい」と考えていました。

ですので業種・職種に関してはとくに絞っていませんでした。

その中で遊楽と出会った際、企業理念のひとつ「一人一人が経営者」という言葉の意味を知り、ここだったら私が私らしく働くことができるかもしれないと感じたことが、入社に至る大きなキッカケとなりました。

やりがい

学生から「遠藤さんみたいになりたい」という手紙を貰ったときは、とにかく嬉しかった

店舗に勤務していた時から「女性社員を増やしたい」と思っていまして、異動で人事部へ行った時は、その思いを反映できることにやりがいを感じました。

また、説明会で学生たちにプレゼンをする際、自分の語った言葉が学生の心に響いたときは嬉しかったですね。

一度、学生から手紙を頂いたことがあるのですが、「遠藤さんみたいになりたい」と書かれていたときは、人事部で仕事ができて良かったと思いました。

就活生に向けて

内定・入社がゴールではない

これだけは譲れないというモノがブレなければ、成長できる環境が遊楽にはあります。内定・入社がゴールではなく、その後の自身の未来像を見据えた上での就活を、改めて考えてみて欲しいです。